--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2011.03.15 22:38

先日の地震、コーちゃんの帰りの幼稚園バスが到着した後、マンション両隣のママと外で話していた時の事です。
立っていたので、すぐには気付かなかったけど、一人のママが「揺れてない?」って言った途端

ぐらぐらぐらぐら・・・・

静岡県民の私にとって、大きな地震=東海で起こるはずの地震なので、自分も揺れながら頭によぎるのは、静岡の事!
まさか、「来た????」

「まだ揺れてるね」

って続く揺れを不安に思いながら、部屋の中にいるコーちゃんとサーちゃんのことに気付き、揺れている中慌てて家の中へ行って、二人を連れ出しました。

家の中は薄型テレビがグラグラ揺れ、華奢な食器棚のガラスがガタガタいいながら揺れていました。

不思議なのは、意外と子供達が鈍感な事。
何が起こっているか分かってないのか、慌てているのは大人だけでした(;^_^A



小さい時から大地震が来ると言われて育ったものの、実際には全く違う地域の大震災が起こるばかり。こんな大きな長い揺れは初めてで、揺れがおさまっても揺れてる間隔が戻らず、船酔い状態でした(元々三半規管が超弱いってのもあるけど)

少し外で待機している間に、フーちゃんも学校から帰ってきました。
下校途中だったけど、近くにいた大人の人が声を掛けてくれたようで、揺れがおさまって走って家に帰ってきました。


唯一、部屋の中にいた3階のママが降りてきて、「地震は福島の方だよ」と教えてくれたので、とりあえず実家の心配はなくなり、ほっ。


電話もつながらないだろうと思いつつパパにかけてみると、やっぱり繋がらないので一応メールだけ送って、電話は諦めました。
でも何度も届く、パパが私の携帯にしつこく電話しているものの繋がらなかった着信のメール。
繋がりにくいの分かってて、しつこくかける人がいるから、余計繋がりにくいんじゃないかと思うんだけどなあ。
パパには「諦め悪いね」と言ってあげました(笑)

心配なのは分からなくもないけど、横浜でもはずれの我が家は高いところの物が2~3個落ちた程度。
サーちゃんの立雛が寄り添ってたはずなのに、そっぽ向いて離れてたけど(;^_^A

被害は全く無し。



心配してくださったtakuママさん、私達は全員無事ですよ(⌒∇⌒)




ただ困った事に、買い物が出来ないんです。
テレビでもやっていたけど、皆、必要以上に買いあさっているようで、行く店行く店買いたい物がのきなみ売り切れ。レジは1時間ほど並ぶんじゃないだろうかいう程の長蛇の列。

今日の朝、スーパーへ行ったけど、レジに並ぶ列を見て、買わずに帰ってきました。
買い物カートも出払ってて、子供を二人かかえた私にはとても買い物が出来る状態ではありません。

一体、あの人たちはどこからふってわいてきたのか?
いつも通りの買い物をしたかっただけなのに、それすら出来ないなんて。


最近、買い置き食品を減らそうと、いつもより色んな物を買い控えていただけに、人数の多い我が家の食材はいつまでもつか分かりません。
もちろん被災者の方々に比べたら、切実な問題ではないけれど、子供がいるだけに少し不安になります。
控えめに質素な食事にしているので、子供には「足りないっ!!!」とか言われるし、これが長く続くようだと本当に困ってしまいます。


とりあえず、応急処置で実家から少し米等を送ってもらう事にしましたが、物流の方がどうなっているのか?



小学校は今週末まであるはずだった給食と午後の授業をなくすことを決めたので、フーちゃんもお昼には帰ってきます。幼稚園も今日は半日になりました。




そして、計画停電。
第1グループの我が家は15:20~19:00の予定で、16時を回ってすぐに電気が切れました。
今日は天気が曇っていて少し暗くなり始めていたけど、カーテンを開けて窓際で18:00位まで照明無しで過ごしました。
18時頃にはさすがにほとんど見えなくなったので、パパが会社から拝借してきた充電式のライト(充電器が無く、処分対象の物です、もちろん)をつけました。
電気がつくまであと30分も無いって頃にお腹が空いたと騒ぎ出したので、前もって作っておいたご飯を薄暗い中で食べました。お風呂は停電前にさっとシャワーを浴びて済ませました。

子供達は意外と楽しんでいたようですが、これが暗くなってからいきなり電気が消えたとしたら、少しは不安がってくれるかしら??



こんなに離れたところの地震でこれほど日常生活に支障があるとは思わなかった。


被災地の事を思えば、不満を漏らすのはどうかとも思ったんだけど、私たちも生きてますから。
私は子供達も支えていかなければならないのです。



そして、悲惨な被災地の映像は明日は我が身と思って、フーちゃんにもちゃんと頭に残して置くように見せています。東海地区に住んでいれば、これが本当に現実になる日がくるかもしれない。(いずれは静岡に戻りたいと常に願っているので)
以前住んでいた私達のアパートは地震が来たとしたらまさに津波に飲み込まれるであろう地域でした。
本当に他人事ではないんです。悪夢としか思えない。でも現実ですよね。

 
被災地の復興が少しでも早く進む事を祈っています。


今また大きな地震がありました。
怖いです。毎日が不安でいっぱいになりそうです。
スポンサーサイト

| 育児日記 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。